神明社 (横浜市保土ケ谷区神戸町)

相鉄天王町駅前から細い道(古東海道)を5分ほど行った場所にある広大な神社。その昔、すぐ隣にある保健科学研究所へバイトへ行っていたのですが、当時はそばに神社があることなど全く気が付きませんでした。

広大な敷地にいろいろなオプションとものすごく沢山の神様が合祀されてます。


大きな地図で見る

ご祭神

天照皇大神   ( あまてらすすめおおみかみ )

ご由緒
神明社御由緒 (旧伊勢神宮榛谷御厨総鎮守)

今から1千年以上昔、保土ヶ谷の地が榛谷とよばれていた平安時代の中頃、天禄元年(970)当社の御祭神・天照大御神が、武蔵御厨の庄の内、榛谷の峰に影向し、それから川井・二俣川・下保土ヶ谷のみ屋ばやしへと三遷の後、嘉禄元年(1225)神託があって、神明の下宮を立て、当地を神戸と号し、神宮寺を満福寺と名付け、経蔵堂を神照寺と称したという。これにより榛谷御厨八郷の総鎮守といて広大な社領を免ぜられ、宮司以下数十人の禰宜・社人・供僧・巫女が仕え、年に75度の祭祀を営み隆盛を極めたという。

その後、戦乱の時代に一時衰退したが、天正18年(1590)徳川氏入国の時、社殿の造影が行われ、御朱印地が安堵された。また元和5年(1619)宮居を神戸山々頂から現在の処に遷し、社殿の造営、社頭の整備が行われた。明治2年の修営時には、明治天皇御東行の時、本陣苅部清兵衛宅に臨時に建てられた鳳輦安置所の御用材を下賜された。明治6年村社に列せられ、神饌幣帛料供進の神社に指定された。

平成10年0月、鎮座1030年祭・当地遷座770年祭・伊勢神宮鎮座2000年祭を記念して「平成の御造営」が行われ、380年ぶりに御本社・摂末社・神楽殿等総ての境内建物12棟が一新された。平成12年4月、神奈川県神社庁献幣使参向神社に指定された。

御祭神は、天照大御神
社殿建築様式は、本殿・拝殿とも神明造り
例祭日は、8月第4日曜日

*御厨(みくりや) 伊勢神宮直轄の神領地
*影向(ようごう) 神様が現れること
*鳳輦(ほうれん) 天皇陛下の御車

社務所

2013-08-10 12.01.46

木が生い茂り、奥がよく見えない長大な参道。右奥にはYBP(横浜ビジネスパーク)の巨大なビル。

2013-08-10 12.00.13

中庭風の場所。右側は社務所。

2013-08-10 11.57.19

社殿全景。

2013-08-10 11.53.36

扉に格子がなく、素通しのガラスがハマっている。

2013-08-10 11.53.43

社殿前に参詣者の記帳。

2013-08-10 11.58.55

社殿左隣りには洒落た手水桶。

2013-08-10 11.58.47

手水桶の隣には人形流し。清流と書いてあるけど流す所は流れのない池です。

2013-08-10 11.57.45

その隣に合祀その一、水神社。

2013-08-10 11.50.02

社殿左側に合祀その二、稲荷社。参拝順路も指定されています。

2013-08-10 11.50.22

順路に沿って合祀その三、月読社と風宮社。順路は社殿地下を通って社殿右側へ。

2013-08-10 11.52.16

社殿右側に現れる合祀その四、切部之王子社、日之王子社、鹿島社。

2013-08-10 11.53.07

更に順路を進むと別の手水桶。

2013-08-10 11.53.09

裏手に更に別の拝殿が。

2013-08-10 11.55.58

更に順路を進むと合祀その五とその六、雷神社、山神社、山王社、火結社、白鳥社、見目社、厳島社、天満宮。

2013-08-10 11.56.56

表側に戻ってくると、右側に別の社殿と絵馬。貝殻に願掛けもできる模様。

2013-08-10 11.57.07

神楽殿。お正月などはさぞかし賑やかになるのでしょう。

2013-08-10 12.01.58

参道入口。なんてことの無い道沿い。神社奥に駐車場へ入る道があります。

2013-08-10 12.02.05

反対方向。信号の袂に古東海道の碑。

2013-08-10 12.02.56

2013-08-10 12.02.47

道祖神的なもの。その昔はこの道を多くの旅人が徒歩で通って行ったのでしょう。今や裏側は保健科学研究所の駐輪場・駐車場になってます。

2013-08-10 12.05.29

神社の駐車場もあります。手前側が神社、奥側右に更に駐車場、その右側が神社右手の道です。20台位の駐車スペースがあります。

 

平沼神社 (横浜市西区平沼)

JR上りに乗っていると横浜手前で海側に見える神社。相鉄線平沼橋徒歩1分という便利なロケーションです。


大きな地図で見る

御祭神
天之御中主大神   ( あめのみなかぬしのおおかみ )
安徳天皇   ( あんとくてんのう )

御由緒

平沼新田は、帷子川下流地帯の新田のうち、江戸時代の最後に、その最先端に開かれた。今の平沼一・二丁目、西平沼町あたりである。
平沼家は、常陸(茨城県)の出身で、明暦年間(1655年〜1658年)に保土ヶ谷宿に移って代々造酒業を営んでいたが、天保10年(1839年)5代目平沼九兵衛が埋め立てを始め、7代目九兵衛のときに大成した。7代目九兵衛は20歳の時、文久3年(1863年)平沼新田に移住し、新田開発のかたわら製塩業を営み、明治に入ってもなお新田の築造を続けた。平沼神社は天保10年9月5日に5代目九兵衛が新田の守護神として創建した。もとは、水天宮と称したが、明治の初年に平沼神社と改称し、村社に列せられた。言い伝えによると、この新田の住民の多くは製塩業に従事していたが、或る日その一人が海水取り入れの水路に水天宮の御札(御霊)が流れ着いているのを拾い挙げ、これを地主の九兵衛が神の啓示とその場所(今の元平沼橋のあたり)に祠を作って水天宮を祭ったのが初めである。その後、市街の発展によって、三度も位置を変え、大正2年(1913年)に今の境内に社殿を造営し、現在に至っている。水天宮は、「水徳の神」として安産や水難・大災よけに霊言があるとされることから、大正12年9月1日の大震災に、四辺は猛火の中に包まれたが、危く奇跡的にも厄を免れたと言われ、また、昭和20年5月29日の横浜大空襲にも難を免れている。大祭は9月5日に催されるが、正月5日の「湯の花神事」(湯立行事)は特に有名である。神主が大釜の熱湯に浸した笹葉を持って参詣人の頭上に放撤する。この熱湯を浴びたものは、その年は無病息災とされる。

祭神は天之御中主大神と安徳天皇

昭和54年6月 西区観光協会2013-07-18 17.15.36

コンパクトな敷地の割に奥行きのある境内。2013-07-18 17.13.24
お参りに来る人もちらほら。2013-07-18 17.09.07
右から左への横書き。2013-07-18 17.12.56
天神さん、荒神さん、お稲荷さん合祀。この日は荒神さんの祠は工事中なので本殿に移してあった模様。2013-07-18 17.11.56
天神さんの前には願就牛石。牛が寝ている姿を表しているとのこと。頭を撫でてから願い事をすると良いことが起こるらしい。2013-07-18 17.09.32
やたらと高さのある神楽殿。向こう側はJR2線と相鉄の線路。

鶴見神社 (横浜市鶴見区鶴見中央)

JR上りに乗っていると鶴見駅を過ぎてすぐの海側に見えます。横浜市内で最古の神社だそうな。行ってみたら意外と大きな神社でした。


大きな地図で見る

御祭神
素戔嗚尊   ( すさのおのみこと )
五十猛命   ( いたけるのみこと )
御由緒
鶴見神社は往古は杉山大明神と称し、境内地約五千坪を有する社でありました。その創建は推古天皇の御代(約1400年前)と伝えられております。続日本後 記承和五年(約1180年前)2月の頃に「武蔵国都筑郡杉山の社、霊験あるを以って官幣を之に預らしむ。」とあります。この有力神社として江戸時代の国学 者黒川春村は「杉山明神神寿歌釈」(鶴見神社に伝わる田祭りに関する本)の中に書き残しております。大正9年に鶴見神社と改称されました。昭和37年、境 内より弥生式後期から土師「古墳時代」を中心として鎌倉期に及ぶ、多数の祭りに使用された道具が発見され、推古天皇以前より神聖な地として、すでに祭が行 われていたことと共に、横浜・川崎間最古の社である事が立証されました。横浜最古の神事芸能田遊びは、明治4年を最後に廃絶となりましたが、昭和62年に 再興されました。以来杉山祭と呼称して田祭り保存会が結成され、毎年例祭日に奉納されております。のちに天王宮が合祀されて二社相殿となりまた天王宮の大神輿は、鶴見川に流れついたと言い伝えられる横浜最古の神輿で、毎年古式豊かに渡御され、天王祭として盛大に取り行なわれております。
2013-07-18 16.36.23
鶴見駅から徒歩5分ほど。駅付近の割りには静かな道を歩いて行くと現れます。2013-07-18 16.33.27
小奇麗な印象の社殿。2013-07-18 16.32.39
裏に回ると溶岩がうねうね。どこかから運んできたものだろうか?2013-07-18 16.32.18
社殿裏手の奥に浅間神社合祀。2013-07-18 16.32.25
しかしながらその手前にフェンスがあり近くまで行けない。いろいろと崩れてしまっていて危険だということだろうか?2013-07-18 16.34.18
その他にも沢山合祀。奥から七福神、清明宮、祖霊社、関神社、秋葉神社、稲荷神社、大鳥神社がずらりと並ぶ境内。2013-07-18 16.33.40
神楽殿ではなく単なる蔵の模様。その前に貝塚の説明板。2013-07-18 16.33.32
逆側にも蔵。その向こうにはJRの線路が3複線分。2013-07-18 16.34.05
溶岩に載っている狛犬。

宮沢神明社 (横浜市瀬谷区宮沢)

表側は急坂の途中にいきなり現れるのに、裏から(というか横から)入るのは非常に平坦でわかりやすいという2面性を持つ神社。


大きな地図で見る

御祭神

天照大神   ( あまてらすおおみかみ )

御由緒

祭神は天照大神です。その創建年代は明らかではありませんが、江戸時代の寛永年中(1625年〜1635年)旗本石川六左衛門重勝支配下の上矢部村民が荒地を開梱して宮沢に集落を作ったと言われ、承応元年(1652年)に検地が行われていることから、建立はその前後と思われます。とうじより諸人の崇敬を集め今日に至っています。
社殿の左には、「農耕の神」と「養蚕の神」が祭られており、9月の最終土曜日に祭礼を行なっています。
現在の社殿は昭和63年(1988年)1月23日に氏子の寄進により再建されました。
平成10年3月 瀬谷区役所2013-05-01 13.24.24

手前の道自体が急坂急カーブで、そのカーブの途中に急な階段を登っていくというかなりきついアプローチ。2013-05-01 13.30.12

しかし裏の入口から来ると平坦で楽。入り口には大きな看板もある。2013-05-01 13.25.27

社殿。真新しい賽銭箱が眩しい。2013-05-01 13.26.12

神楽殿。正月など、祭事のあるとき以外は休業の模様。2013-05-01 13.26.31

豊穣の神と養蚕の神。白姫神社と三峯神社合祀。2013-05-01 13.26.40

謎のオブジェ。2013-05-01 13.29.12

どこで芝生を養生しているのだろうか?2013-05-01 13.29.38

子供に遊び場併設。2013-05-01 13.29.58

参拝者はお客様なのだろうか?2013-05-01 13.30.20

駐車場から社殿方面。真ん中にも木が生えていて良い雰囲気。

 

謎の神社、というか祠 (横浜市泉区岡津町)

三島神社の駐車場からほぼ同じ高さの丘の上に鳥居が見えたのでとりあえず行ってみた。


大きな地図で見る2013-03-20 15.38.29

スチール製の鳥居、手前に道祖神など。向こう側は林になっていて、他には何もない。2013-03-20 15.38.17

木々に囲まれた祠。扉は開けっ放し。中には何もない。どこかに移設されたのだろうか?2013-03-20 15.38.33

2013-03-20 15.38.38

道祖神と庚申塔。2013-03-20 15.39.24

そしてその手前には謎のポールが2本。いかにも幟のための旗竿という風情。2013-03-20 15.39.30

手前側と右側にここへ来るための道。2013-03-20 15.39.04

右側の道。車が入ってこれそうな感じで整備されている。2013-03-20 15.39.39

手前側の道。下に見える道の突き当りが岡津電話局前交差点。2013-03-20 15.40.07

更に下。ものすごく念入りに整備されている。この道の向こう側は緑園都市。2013-03-20 15.40.14

道の途中から鳥居と旗竿を臨む。2013-03-20 15.41.21

工事の銘板。道を作るのは良いが、一体この場所は何なのだろうか?こんなに綺麗に整備しなければならない理由がよくわからない。この先、祠の先の林を切り開いて住宅地にでもする予定なのだろうか?だとすると旗竿がある理由がわからない。

謎は深まるばかりなのだが、もし何かご存知の方が居られたら是非コメントをお願いします。

 

 

三島神社 (横浜市泉区岡津町)

緑園都市の方から岡津電話局前交差点へと続く道、車が詰まり始める辺りを右に入ると現れる、小中学校に囲まれた神社。


大きな地図で見る

御祭神

大山祇神   ( おおやまつみのかみ )

御由緒

天文5年(1536)創建という。当時この地に土着した開拓者等が「天に大日光ありて地力を養ひ給ふ。大地の慈育なくして人生あるべからず。宣しく天神地 祇を祀るべし、先つ大山祇神を祀るべし」と一社を建て爾後四季毎に打鼓撃鈴して祭りを続けたと伝える。天正18年の頃、代官彦坂小刑部元正は居所の守護神 として尊崇、神殿・境内を整備した。昭和43年例祭日の変更を承認せられ、翌年11月現社殿を改築した。2013-03-20 15.27.40

手前がコンクリート製、奥が木製の鳥居。比較的ゆるやかな参道。2013-03-20 15.23.46

社殿。なんだかやたらと手すりが付いている。右側のオレンジ色のものは正体不明。2013-03-20 15.23.17

社名は縦書。三島大明神が本名の模様。2013-03-20 15.24.14

妙に広い境内。2013-03-20 15.24.21

道の向こうは中学校。2013-03-20 15.24.52

崩れた灯籠などが積み重ねられている。2013-03-20 15.26.15

あちこちでいろいろ崩れている。2013-03-20 15.26.44

参道途中から社殿を臨む。2013-03-20 15.27.52

鳥居前。2013-03-20 15.28.25

同じく鳥居前の反対側。道を下って行くと岡津電話局前方面。2013-03-20 15.28.49

駐車場あり。向こうの丘の上に謎の神社、というか祠と旗竿2本。

善部神明社 (横浜市旭区善部町)

二俣川から新幹線沿いに瀬谷へ抜ける道沿い、微妙に何もない辺りにある神社。


大きな地図で見る

御祭神

伊弉諾尊   ( いざなぎのみこと )
伊弉冊尊   ( いざなみのみこと )
御由緒
当地は御厨郷であったため、鎮守地付近の地名は、もと、膳部の字が充てられて居り、当地もその頃からの古社と云われる。寛永13年(1636)領主宅間伊織社殿造立の棟札がある。2013-02-02 15.39.56
道から若干奥まった位置にある鳥居。2013-02-02 15.39.16
なぜかスプリットしている参道。2013-02-02 15.38.24
右の参道正面の社殿。2013-02-02 15.38.09
左の参道正面の社殿。犬を遊ばせてた人がいたけど、境内に連れて入っちゃダメなのを知らない人は意外に多いのかも。2013-02-02 15.38.41
右側にはお寺や遊具など。2013-02-02 15.38.50
割と長い参道。

八幡神社 (横浜市神奈川区白幡仲町)

新子安からの帰り道に立ち寄り。1/19お参り。


大きな地図で見る

ご祭神

應神天皇   ( おうじんてんのう )

ご由緒

御創建については詳ではないが、口碑によれば源義家公奥州征伐の途次この地に立ち寄られ戦勝を祈られた。その後、社祠が建立されたと伝へられる。鎌倉時代、神奈川領は鶴岡八幡宮領であり、白旗村の鎮守として奉斎されたものであります。旧社殿は嘉永4年(1852年)8月に再建せられ、また文久2年(1862年)の棟札が残されています。明治以後、神佛分離により神奈川町能???社にて兼務す。明治6年村社に???られ、大正12年9月1日の大震災により大破し、昭和4年9月、現社殿を再建し、神饌幣帛科供進社に指定せられました。戦後は、氏子崇敬者の協賛を得て奉賛会を結成し、社殿、神楽殿の修復、社務所の新築、境内の諸整備をなし、白幡町一円の総鎮守として元旦祭、春秋の祭事、8月の例大祭んどを斎行し、ご神徳のの昂揚に務めています。2013-01-19 16.23.27

道から一段上がった場所。2013-01-19 16.18.57

社殿。オーソドックスな感じ。2013-01-19 16.18.42

社名は縦書。2013-01-19 16.19.16

神奈川区50選の1つに選ばれているらしい。2013-01-19 16.20.00

立木など。2013-01-19 16.20.39

神楽殿。夕方の光量不足で妙に写りが暗い。2013-01-19 16.21.46

そこそこ広い境内。

一之宮社 (横浜市神奈川区入江)

横浜から上りのJRに乗っていると、新子安の手前で左側の丘の上に千木だけがちらっと見える神社。これまた行き方が今ひとつよく分からない場所にある。


大きな地図で見る

御祭神

素盞嗚命   ( すさのおのみこと )
保食命   ( うけもちのみこと )
事代主命   ( ことしろぬしのみこと )
面足命   ( おもだるのみこと )
海津見命   ( わたつみのみこと )
水速廼女命   ( みずはやのめのみこと )
塩土老命   ( しおつちおじのみこと )
船玉姫命   ( ふなだまひめのみこと )
表筒男命   ( うわつつのおのみこと )
豊玉姫命   ( とよたまひめのみこと )
瀬織津姫命   ( せおりつひめのみこと )
御由緒
当神社は武蔵国(東京都・埼玉県一円・神奈川県の東部)の一之宮(埼玉県大宮市、元官幣大社)氷川神社を本社とする洵に悠久なる歴史を持つ神社であります。
永禄四年九月一日、百七代正親町天皇の御宇(紀元二二二一年・西暦一五六一年)、現在地に勧請創立され、明治の初年ごろまでは一之宮大明神、一之宮明神社と称され、光輝ある武蔵風土記にも不断の由緒を有し、古伝説もあり霊威赫々尊崇感謝の奉祀がいまに続いております。
国運の隆替、市勢の変革、ほとんど意想外にある現状でありますが、御鎮座四百年(横浜開港に先立つこと三百年)親から子へ、子から孫へと代は変わりましたが、この四百年の幾春秋を子安全町(創立当時は子安村及び西寺尾白幡)の守護神として仰がれて参りました。2013-01-19 15.39.53
木が生い茂って今ひとつ見通しが利かない参道。2013-01-19 15.38.45
鳥居から参道を見るとかなり長大。2013-01-19 15.36.04
これまた木々に囲まれて良くわからないことになっている社殿。2013-01-19 15.37.20
斜めから見るとこんな感じ。JRからは屋根の先端だけが見える。2013-01-19 15.36.43
手水桶の向こうに幼稚園併設。2013-01-19 15.39.19
溶岩だろうか。鳥居脇の崖。2013-01-19 15.49.24
社殿左手奥には何だかやたらにたくさんの祠が。御祭神が多いだけのことはある。2013-01-19 15.49.36
裏手には第二次大戦の英霊を御祀り。右側の紡錘状のものは砲弾らしい。

大綱琴平神社 (横浜市神奈川区台町)

本村神明社に続いて足を伸ばした神社。横浜から上りのJRに乗ると左側の車窓、タイ料理屋の辺りにちらっと鳥居が見えるので是非行ってみようと思っていた場所。行ってみたらなかなか面白い場所だった。


大きな地図で見る

御祭神

大物主神   ( おおものぬしのかみ )
金山彦神   ( かなやまひこのかみ )
日本武尊   ( やまとたけるのみこと )
大山祇神   ( おおやまつみのかみ )
御由緒
この神社は、社伝によると平安末期の創立で、もと飯綱社といわれ、今の境内後方の山上にあった。その後、現在の地へ移り、さらに琴平社を合祀して、大綱金比羅神社となった。かつて眼下に広がっていた神奈川湊に出入する船乗り達から深く崇められ、大天狗の伝説でも知られている。
また、江戸時代には、神社前の街道両脇に一里塚が置かれていた。この塚は、日本橋より七つ目に当たり、土盛の上に樹が植えられた大きなものであった。
2013-01-12 15.55.11
旧東海道沿い。現東海道からはかなり奥まっている。2013-01-12 15.52.09
メインの社殿。お正月のせいかにぎやかな印象。若い女性が一人でお参りに来ていた。2013-01-12 15.51.48
メインの社殿右側に弁財天など合祀。奥の崖をくり抜いて祀られている。2013-01-12 15.51.58
更に右側に稲荷社合祀。2013-01-12 15.51.38
神奈川県下の神社ではスタンプラリーなど催している模様。軽く覗いてみるとどうも携帯専用らしい。2年前からやってるようだが最早携帯が少数派になりつつある現在、早くスマホに対応してほしいものである。
2013-01-12 15.52.43
崖崩れが起きたら一たまりもなさそうなスリリングなロケーション。そんな場所のすぐ脇にはマンションが隣接。2013-01-12 15.53.55
其の昔(と言っても昭和30年代)までは海が見えたそうだが、今ではかなり沖合まで埋め立てが進んだあげくにビルやら何やらが建て込んでまったく向こうが見えない。2013-01-12 15.54.29
神社の右斜め上、すごい場所に浮かぶように立っているお寺。2013-01-12 15.55.31
鳥居前から旧東海道神奈川方面。2013-01-12 15.55.50
鳥居前から旧東海道保土ヶ谷方面。