家サーバーのDHCP

新たに建てたname serverのアドレスを配布すべく、DHCP serverを用意します。Home GWや無線APもDHCP serverの機能を持っているのですが、今後いろんな細工をするのに自由度の高いものを用意しておく方が便利だろうと思い、自前サーバーを用意します。

apt-get install udhcpd でbusybox DHCP serverを入れると/etc/udhcpd.confが配置されるので、このファイルを環境に合わせて変更します。

# Sample udhcpd configuration file (/etc/udhcpd.conf)

# The start and end of the IP lease block

# start         192.168.0.20    #default: 192.168.0.20
# end           192.168.0.254   #default: 192.168.0.254
start           192.168.1.192   #default: 192.168.0.20   ←IPアドレス配布範囲を設定
end             192.168.1.253   #default: 192.168.0.254   ここでは192.168.1.192-253の範囲

# The interface that udhcpd will use

interface       eth0            #default: eth0

【以下しばらく変更なし】
# The remainer of options are DHCP options and can be specifed with the
# keyword 'opt' or 'option'. If an option can take multiple items, such
# as the dns option, they can be listed on the same line, or multiple
# lines. The only option with a default is 'lease'.

#Examles
# opt   dns     192.168.10.2 192.168.10.10
# option        subnet  255.255.255.0
# opt   router  192.168.10.2
# opt   wins    192.168.10.10
# option        dns     129.219.13.81   # appened to above DNS servers for a total of 3
# option        domain  local
# option        lease   864000          # 10 days of seconds
opt     dns     192.168.1.8      ←この辺りを環境に合わせて変更
option  subnet  255.255.255.0
opt     router  192.168.1.1
option  domain  ws9.org
option  lease   864000          # 10 days of seconds

【以下変更なし】

この状態で

pi@raspie ! /etc/init.d/udhcpd start
pi@raspie ! update-rc.d udhcpd enable

すると、クライアントにIPアドレスが振られ、デフォルトGWは192.168.1.1、name serverは192.168.1.8だと認識されるようになります。

ちなみに、このDHCP serverはIPアドレスがランダムに払い出されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

空欄に数字または演算子を入れて計算式を完成させてください。