シグナス その後

結局19mmの方のドレンボルトを開けることが出来ました。近所のホームセンターをウロウロしていたら、舐めてしまったネジを外すための接着剤(?)のようなものを見つけたので、これでもう一度試してみようと思い立ったわけです。2013-08-17 17.26.09

コニシのネジはずし、オリンピック東戸塚店で578円。12mmの方は相変わらずダメですが、19mmの方は行けました。2013-08-17 16.37.29

ソケットをきちんと嵌めるためにまずはバイクを横倒しに。右側に倒さないとセンタースタンドが起こせません。センタースタンドが起こせないとドレンボルトにアクセス出来ません。2013-08-17 16.37.37

真下に付いているドレンボルト。ここからエンジンオイルを抜くと、センタースタンドに付いているゴムブッシュがオイルまみれになります。どういう設計なのだろうか?

ちなみに、規定オイル量は900ccなのですが、これまた700cc入れたところで液面がレベルゲージの真ん中辺りに来ました。ヤマハのバイクは規定量だと多すぎるのがトレンドになっているのかも。2013-08-17 16.50.05

無事外れたドレンボルト。放熱フィンが非常に残念なことになってます。壊したのは3枚だとばかり思っていたのですが、よく見ると4枚なくなってます。右側の金網状のものがオイルフィルター。実に簡単な作りです。2013-08-17 17.24.58

前回のオイル交換から1016km走行。ちなみに前回入れたのはヤマルーブスタンダード。2013-08-17 17.24.38

無事空になったカストロールの 4リットル缶とちょっとずつ余っているその他の銘柄。以前トゥデイに入れていたのがMobilのオイル。よく見ると10W-30なので去年は暑さにやられたのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

空欄に数字または演算子を入れて計算式を完成させてください。