TMAX オイル交換

納車されて1ヶ月、オイル交換をしてみることにしました。その最中になぜか悲しい出来事がいくつも起きてしまいました。2013-08-15 15.09.46

どのオイルを入れてやろうかちょっと考えつつネットを見て回ると、Castrol Power1 4T 10W-40の4リットルがアマゾンで送料込み4265円で出ていたので、これにしてみました。ヤマハ純正オイルより安くてお得。残りはシグナスとトゥデイに入れてしまおうという魂胆です。2013-08-15 14.34.52

まずはしばらくアイドリングしてオイルを温めた後にエンジンを止め、ドレンボルトを外します。流石はオイルが2.7リットルも入るエンジン、4リットルのバットが少々頼りない位の量が出てきます。

バイクを揺らしたり傾けたりしながらオイルを出しきった後、ドレンボルトを締め直してフィラーキャップの所からオイルを入れていきます。まずは少な目に入れてみて様子見を、ということで2.6リットル入れてしばらくアイドリング。エンジンを止めて2分後にレベルゲージを見るとなぜか上限を超えている…。

ここから再度オイルを抜くのも厄介だし、エンジン横倒しだからオイルの減りも早いだろうし、アホみたいに入れすぎてるわけでもなく、ちょっと超えてる位だろう、ということでしばらくこのまま様子を見ようと思います。2013-08-15 15.12.11

という訳で初回は走行778kmでオイル交換、オイルトリップをリセットです。2013-08-15 15.25.48

次いでトゥデイのオイル交換。こちらは700cc入る所に700cc入れた状態で液面がレベルゲージ中央に来ました。このバイクはドレンボルトもオイルフィラーも車体右側にあります。2013-08-15 15.31.37

備忘録的にオイル交換時の走行距離を記録。3955km。今回カストロールを奢ってやったので良い調子で走ってくれることを期待します。

前回の交換は2300km位の時だったように思いますが、走行中に突然エンスト、しばらくセルを回し続けるとようやくエンジンが掛かるという状態になったので、試しにオイルを抜いてみるとかなりドロドロの状態でした。その前は800km位の時点で変えているので、そんなに酷くなるほどの距離を走っているわけではないのですが、ホームセンターで1リットル700円位のオイルが良くなかったのかもしれません。2013-08-15 16.08.13-2

さて、最後にシグナスですが、このシグナスには左側に12mm、下に放熱フィン付き19mmの2つのドレンボルトがあります。

12mmの方は前回のオイル交換時に12角のメガネレンチでボルトの角をすっかり舐めてしまったので、ボックスレンチを買い足して19mmの方を開けたのでした。

で、今回はその19mmの方がなぜか全く開かず、あまつさえ放熱フィンを3本折ってしまうというダメージを与えてしまいました。2013-08-15 16.07.43

バイスプライヤーなどを使うと何とかなりそうな気もしますが、今回は自分でやることを諦め、近々バイク屋さんへ持って行ってドレンボルトとオイルを交換してもらうことにします。

以前乗っていたものも含めてドレンボルト開けるのにそう苦労したことは無いのですが、どうもこのシグナスは一筋縄では行かないようです。4リットル買ったオイルはちょっとだけ余ってしまいました。

なお、横浜市では廃油を家庭ごみとして出せます。食用油と同じように新聞紙などに吸わせてゴミ袋に入れて所定の日時に所定の場所に置くだけ。こういう所は便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

空欄に数字または演算子を入れて計算式を完成させてください。