交通違反、摘発の在り方議論=有識者懇を設置―警察庁

交通違反、摘発の在り方議論=有識者懇を設置―警察庁

おざなりの結論で終わらないことを期待したい。

反則金はある意味警察が自由に使える金になっているから、自分の食い扶持を自分で稼ぐ的に取りやすいところから取るという、安易な取締が横行しているものと推測。

反則金収入を一般会計に組み入れてしまえば、ロクでもない取締はぱったりとなくなくなるように思う。

取締の必要性についての議論は必要だが、それとも並行してまともな交通規制のあり方を議論することも必要だろう。誰も守っていない制限速度然り、意味のない一時停止然り。「制限速度を守らないのはけしからん」という意見があったが、そもそも制限速度が杓子定規というかどんぶり勘定というか、片側1車線で少しでも見通しの悪いところがあるなら全線40km/h、高速道路はどんなに金を掛けて世界最高レベルの物をつくっても頑なに上限100km/hを超えることは認めん、的なアバウトな設定になっていることを知っての意見なのだろうか。

自動車・バイクの販売で生計を立てている国でもあるので、その国民がまともに走れるような道路環境になることを強く希望する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

空欄に数字または演算子を入れて計算式を完成させてください。