TMAX トップケース取り替え

ネットを見て回っているとSHADのケースが非常に安く出回っています。早速SH-45を購入しました。このケースはベースのプレートが横長で、ユーロボックスキャリアに載せるには少々工夫が必要です。

01

まずユーロボックスキャリア先端のフックを外します。このネジはトルクスネジ(星形のネジ)になっているので使う工具に注意。間違って六角レンチをねじ込むとネジ山を潰してしまいます。

02

更に4箇所のゴムブッシュを外します。写真の右側、車体側の2つの穴にはSHADベースプレートのネジ穴がぴったり合います。

03

ベースプレートを載せます。ネジ穴はこの4箇所を使います。車体側の2つは付属のボルト・ナットでキャリアのネジ穴を通して固定します。テールエンド側の2つは、キャリアにエーモンの自在プレートを通してその穴に固定します。

04

裏から見るとこんな感じ。

05

ベースプレートのメクラ板をはめ込みます。これがやたら硬くてちょっと大変です。4箇所に爪がありますが、無理にはめ込むと2つが折れそうです。全体を丸めるようにしながら外側の爪を先にはめ込み、内側を後から入れるようにするとうまく行きます。しかし、次にこれを外そうとするとかなり大変です。傷を付けずには外せそうにありません。

06

ケースを取り付けた状態。さすがに45Lのケースは迫力がありますが、やはり大きいですね。見た目のバランスは39Lのケースの方が良いように思います。

 

TMAX フェンダーレス化

突然思い立ってTMAXをフェンダーレスにしてみました。使ったものはWirusWinのフェンダーレスキットです。言ってしまえばステンレス金具のセットなのですが、世の中に出回ってるフェンダーレスキットの中ではお買得価格のものです。

13

ノーマルの状態。ヤマハのバイクとしては標準的な長さですが、幅があるので何となく重そうに見えます。

02

フェンダーのパーツは、タイヤ側のプッシュリベット4箇所とトランク後ろのネジ4箇所で留まってます。プッシュリベットを外してからここのネジを外すと自重で勝手に外れます。

03

ナンバー灯の配線。妙に厳重にシールドされてます。オリジナルのナンバー灯への配線はギボシ端子が刺さってるだけ。これをフェンダーレスキット付属のLEDナンバー灯に差し替えます。LEDは極性があるので+-を正しく合わせないと点灯しません。

04

パーツを取り付けた状態。元のパーツを取り付けていた穴にネジ留めするだけという簡単な設置方法です。

14

完成状態。下半分しか見えていなかったタイヤが丸々見えるようになりました。反射板はフェンダーレスキットには付属していないので、元々付いていた反射板を移設してます。こうなるとマフラーのタイコが何か重そうに見えます。次はこれを変えたくなってきました。

06

元々のパーツを外すと、このキットでは埋めきれない隙間ができてしまいます。ウィンカーやテールランプの配線が見えてしまうのがイマイチ。雨の中を走るとこの辺りも悲しいことになってしまいそうです。いずれはこの隙間を何とかしてやろうと思います。

TMAX トップケース装着

TMAXにトップケースを付けることにしました。買った当初はシート下のスペースだけで十分だと思っていたのですが、ヘルメットとちょっとしたアイテム(ガムテープやパンク修理キットなど)で一杯なので、もう少し余裕を持たせることにしました。今回はシグナスに取り付けている39LのY’s Gear E37を載せ替えます。このケースはFZ6Rを買った時に付けてもらったもので、もう5年も使っているGIVIのOEMですが、多少色が褪せたくらいで機能的には何の問題もありません。流石はGIVIという感じです。001

取り付けるキャリアはY’s Gearのユーロボックスキャリア。リアのカバーに穴を開ける必要があるのでとりあえずカバーを外します。2箇所のプッシュリベットを外せば外れるはずですが、嵌め合わせがよくわからないので仲々外せません。結局シートを外してあちこちを引っ張りながら何とか外します。

002

ネットの情報によるとスクリューボルトがやたらと硬く締まっていて外すのに苦労するという話が数多く見られますが、IKEAで家具を買うと組立工具として付いてくるエクステンションバー付きの六角レンチで割と簡単に外れました。

003

説明書にはホールソーかステップドリルで30mmの穴を空けろと書いてありますが、当然そんなものは持っていないので5mmのドリルでちまちまと空けていきます。

004

カバーに30mmの穴を開けたら元の位置にはめ直し、キャリアを元のグラブバーと付け替えます。タンデムバーを共締めすることもできますが、タンデムバーを付けたままだとトップケースが付けられません。今回はタンデムバーを諦めることにします。

005

 

穴の仕上げがイマイチですが、目立たない場所でもあり、あまり気にしないことにしておきます。

006

トップケースを取り付けた状態。タンデムバーを付けた状態よりもしっくりと来ます。いずれは一回り大きいE47のケースに変えようと思ってます。