平沼神社 (横浜市西区平沼)

JR上りに乗っていると横浜手前で海側に見える神社。相鉄線平沼橋徒歩1分という便利なロケーションです。


大きな地図で見る

御祭神
天之御中主大神   ( あめのみなかぬしのおおかみ )
安徳天皇   ( あんとくてんのう )

御由緒

平沼新田は、帷子川下流地帯の新田のうち、江戸時代の最後に、その最先端に開かれた。今の平沼一・二丁目、西平沼町あたりである。
平沼家は、常陸(茨城県)の出身で、明暦年間(1655年〜1658年)に保土ヶ谷宿に移って代々造酒業を営んでいたが、天保10年(1839年)5代目平沼九兵衛が埋め立てを始め、7代目九兵衛のときに大成した。7代目九兵衛は20歳の時、文久3年(1863年)平沼新田に移住し、新田開発のかたわら製塩業を営み、明治に入ってもなお新田の築造を続けた。平沼神社は天保10年9月5日に5代目九兵衛が新田の守護神として創建した。もとは、水天宮と称したが、明治の初年に平沼神社と改称し、村社に列せられた。言い伝えによると、この新田の住民の多くは製塩業に従事していたが、或る日その一人が海水取り入れの水路に水天宮の御札(御霊)が流れ着いているのを拾い挙げ、これを地主の九兵衛が神の啓示とその場所(今の元平沼橋のあたり)に祠を作って水天宮を祭ったのが初めである。その後、市街の発展によって、三度も位置を変え、大正2年(1913年)に今の境内に社殿を造営し、現在に至っている。水天宮は、「水徳の神」として安産や水難・大災よけに霊言があるとされることから、大正12年9月1日の大震災に、四辺は猛火の中に包まれたが、危く奇跡的にも厄を免れたと言われ、また、昭和20年5月29日の横浜大空襲にも難を免れている。大祭は9月5日に催されるが、正月5日の「湯の花神事」(湯立行事)は特に有名である。神主が大釜の熱湯に浸した笹葉を持って参詣人の頭上に放撤する。この熱湯を浴びたものは、その年は無病息災とされる。

祭神は天之御中主大神と安徳天皇

昭和54年6月 西区観光協会2013-07-18 17.15.36

コンパクトな敷地の割に奥行きのある境内。2013-07-18 17.13.24
お参りに来る人もちらほら。2013-07-18 17.09.07
右から左への横書き。2013-07-18 17.12.56
天神さん、荒神さん、お稲荷さん合祀。この日は荒神さんの祠は工事中なので本殿に移してあった模様。2013-07-18 17.11.56
天神さんの前には願就牛石。牛が寝ている姿を表しているとのこと。頭を撫でてから願い事をすると良いことが起こるらしい。2013-07-18 17.09.32
やたらと高さのある神楽殿。向こう側はJR2線と相鉄の線路。

鶴見神社 (横浜市鶴見区鶴見中央)

JR上りに乗っていると鶴見駅を過ぎてすぐの海側に見えます。横浜市内で最古の神社だそうな。行ってみたら意外と大きな神社でした。


大きな地図で見る

御祭神
素戔嗚尊   ( すさのおのみこと )
五十猛命   ( いたけるのみこと )
御由緒
鶴見神社は往古は杉山大明神と称し、境内地約五千坪を有する社でありました。その創建は推古天皇の御代(約1400年前)と伝えられております。続日本後 記承和五年(約1180年前)2月の頃に「武蔵国都筑郡杉山の社、霊験あるを以って官幣を之に預らしむ。」とあります。この有力神社として江戸時代の国学 者黒川春村は「杉山明神神寿歌釈」(鶴見神社に伝わる田祭りに関する本)の中に書き残しております。大正9年に鶴見神社と改称されました。昭和37年、境 内より弥生式後期から土師「古墳時代」を中心として鎌倉期に及ぶ、多数の祭りに使用された道具が発見され、推古天皇以前より神聖な地として、すでに祭が行 われていたことと共に、横浜・川崎間最古の社である事が立証されました。横浜最古の神事芸能田遊びは、明治4年を最後に廃絶となりましたが、昭和62年に 再興されました。以来杉山祭と呼称して田祭り保存会が結成され、毎年例祭日に奉納されております。のちに天王宮が合祀されて二社相殿となりまた天王宮の大神輿は、鶴見川に流れついたと言い伝えられる横浜最古の神輿で、毎年古式豊かに渡御され、天王祭として盛大に取り行なわれております。
2013-07-18 16.36.23
鶴見駅から徒歩5分ほど。駅付近の割りには静かな道を歩いて行くと現れます。2013-07-18 16.33.27
小奇麗な印象の社殿。2013-07-18 16.32.39
裏に回ると溶岩がうねうね。どこかから運んできたものだろうか?2013-07-18 16.32.18
社殿裏手の奥に浅間神社合祀。2013-07-18 16.32.25
しかしながらその手前にフェンスがあり近くまで行けない。いろいろと崩れてしまっていて危険だということだろうか?2013-07-18 16.34.18
その他にも沢山合祀。奥から七福神、清明宮、祖霊社、関神社、秋葉神社、稲荷神社、大鳥神社がずらりと並ぶ境内。2013-07-18 16.33.40
神楽殿ではなく単なる蔵の模様。その前に貝塚の説明板。2013-07-18 16.33.32
逆側にも蔵。その向こうにはJRの線路が3複線分。2013-07-18 16.34.05
溶岩に載っている狛犬。

シグナス その後

結局19mmの方のドレンボルトを開けることが出来ました。近所のホームセンターをウロウロしていたら、舐めてしまったネジを外すための接着剤(?)のようなものを見つけたので、これでもう一度試してみようと思い立ったわけです。2013-08-17 17.26.09

コニシのネジはずし、オリンピック東戸塚店で578円。12mmの方は相変わらずダメですが、19mmの方は行けました。2013-08-17 16.37.29

ソケットをきちんと嵌めるためにまずはバイクを横倒しに。右側に倒さないとセンタースタンドが起こせません。センタースタンドが起こせないとドレンボルトにアクセス出来ません。2013-08-17 16.37.37

真下に付いているドレンボルト。ここからエンジンオイルを抜くと、センタースタンドに付いているゴムブッシュがオイルまみれになります。どういう設計なのだろうか?

ちなみに、規定オイル量は900ccなのですが、これまた700cc入れたところで液面がレベルゲージの真ん中辺りに来ました。ヤマハのバイクは規定量だと多すぎるのがトレンドになっているのかも。2013-08-17 16.50.05

無事外れたドレンボルト。放熱フィンが非常に残念なことになってます。壊したのは3枚だとばかり思っていたのですが、よく見ると4枚なくなってます。右側の金網状のものがオイルフィルター。実に簡単な作りです。2013-08-17 17.24.58

前回のオイル交換から1016km走行。ちなみに前回入れたのはヤマルーブスタンダード。2013-08-17 17.24.38

無事空になったカストロールの 4リットル缶とちょっとずつ余っているその他の銘柄。以前トゥデイに入れていたのがMobilのオイル。よく見ると10W-30なので去年は暑さにやられたのかも。

TMAX オイル交換

納車されて1ヶ月、オイル交換をしてみることにしました。その最中になぜか悲しい出来事がいくつも起きてしまいました。2013-08-15 15.09.46

どのオイルを入れてやろうかちょっと考えつつネットを見て回ると、Castrol Power1 4T 10W-40の4リットルがアマゾンで送料込み4265円で出ていたので、これにしてみました。ヤマハ純正オイルより安くてお得。残りはシグナスとトゥデイに入れてしまおうという魂胆です。2013-08-15 14.34.52

まずはしばらくアイドリングしてオイルを温めた後にエンジンを止め、ドレンボルトを外します。流石はオイルが2.7リットルも入るエンジン、4リットルのバットが少々頼りない位の量が出てきます。

バイクを揺らしたり傾けたりしながらオイルを出しきった後、ドレンボルトを締め直してフィラーキャップの所からオイルを入れていきます。まずは少な目に入れてみて様子見を、ということで2.6リットル入れてしばらくアイドリング。エンジンを止めて2分後にレベルゲージを見るとなぜか上限を超えている…。

ここから再度オイルを抜くのも厄介だし、エンジン横倒しだからオイルの減りも早いだろうし、アホみたいに入れすぎてるわけでもなく、ちょっと超えてる位だろう、ということでしばらくこのまま様子を見ようと思います。2013-08-15 15.12.11

という訳で初回は走行778kmでオイル交換、オイルトリップをリセットです。2013-08-15 15.25.48

次いでトゥデイのオイル交換。こちらは700cc入る所に700cc入れた状態で液面がレベルゲージ中央に来ました。このバイクはドレンボルトもオイルフィラーも車体右側にあります。2013-08-15 15.31.37

備忘録的にオイル交換時の走行距離を記録。3955km。今回カストロールを奢ってやったので良い調子で走ってくれることを期待します。

前回の交換は2300km位の時だったように思いますが、走行中に突然エンスト、しばらくセルを回し続けるとようやくエンジンが掛かるという状態になったので、試しにオイルを抜いてみるとかなりドロドロの状態でした。その前は800km位の時点で変えているので、そんなに酷くなるほどの距離を走っているわけではないのですが、ホームセンターで1リットル700円位のオイルが良くなかったのかもしれません。2013-08-15 16.08.13-2

さて、最後にシグナスですが、このシグナスには左側に12mm、下に放熱フィン付き19mmの2つのドレンボルトがあります。

12mmの方は前回のオイル交換時に12角のメガネレンチでボルトの角をすっかり舐めてしまったので、ボックスレンチを買い足して19mmの方を開けたのでした。

で、今回はその19mmの方がなぜか全く開かず、あまつさえ放熱フィンを3本折ってしまうというダメージを与えてしまいました。2013-08-15 16.07.43

バイスプライヤーなどを使うと何とかなりそうな気もしますが、今回は自分でやることを諦め、近々バイク屋さんへ持って行ってドレンボルトとオイルを交換してもらうことにします。

以前乗っていたものも含めてドレンボルト開けるのにそう苦労したことは無いのですが、どうもこのシグナスは一筋縄では行かないようです。4リットル買ったオイルはちょっとだけ余ってしまいました。

なお、横浜市では廃油を家庭ごみとして出せます。食用油と同じように新聞紙などに吸わせてゴミ袋に入れて所定の日時に所定の場所に置くだけ。こういう所は便利です。

訴状認可通知

なんだか知らないけどどこぞの誰かに提訴されてしまったようです。面白すぐる。ちなみにこの住所は東京地裁のようです。

Return-Path: <ajna.aikawa593@docomo.ne.jp>
Authentication-Results: ezweb.ne.jp;
spf=pass reason=policy;
sender-id=pass reason=policy
Received: from docomo.ne.jp (mail102.docomo.ne.jp [203.138.203.2])
by lsean.ezweb.ne.jp (EZweb Mail) with ESMTP id C01ACA8
for <========@ezweb.ne.jp>; Mon, 5 Aug 2013 11:07:00 +0900 (JST)
Date: Mon, 05 Aug 2013 11:06:59 +0900 (JST)
From: ajna.aikawa593@docomo.ne.jp
To: ========@ezweb.ne.jp
Subject:
Message-ID: <IMT5043D192c33c909RZ@docomo.ne.jp>
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset="iso-2022-jp"
Content-Transfer-Encoding: 7bit

●訴状認可通知●
__________

■訴訟番号■  平成25年(ワ)第4575号

※訴訟取下げ期日※ 平成25年8月6日 (火曜日)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この度ご通知いたしましたのは、貴方がご利用された電子通信使用料(コンテンツ利用料金)債務不履行により、原告側(契約通信運営会社)が提出した『民事裁判』の訴状を、管轄裁判所が受理した事をご報告いたします。

当確会社、訴訟内容につきましては担当職員にて受けたまわりますが、当センターは原告側からの最終勧告並びに、訴訟通達・訴訟の正当性を確認する機関になります。
当センターが貴方に対して訴訟を提起しているのではありませんので、あらかじめご了承ください。

このままご連絡なき場合、上記の訴訟取下げ期日を経て管轄裁判所から裁判日程を決定する召喚状送達後に出廷となります。
※尚、故意に放置しておくと、原告側の言い分どおりの判決が下されます。
裁判後の措置として執行証書の交付のもと給与差押さえ、及び動産物・不動産の差押さえを執行官の立会いのもと強制執行されてしまう事がありますので、十分ご注意ください。
__________

○司法通達管理局○
【住所】〒105-8920 東京都千代田区霞が関1-1-4
【相談窓口】03-6758-9292
【担当】相原 昇
【受付時間】土・日・祝日を除く平日 9:00~18:00
※電話回線が混み合ってる場合は繋がりにくい場合もございますのでご了承下さい。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

同じ内容のものを受け取って不安に思っている人がいるようですので付け加えておくと、これは単なる架空請求の類なので、メールを消去してこのアドレスを受信拒否すれば終わりです。

しかしこういうのはSpamAssassinで振り落せないもんだろうか。

装甲騎兵ボトムズ

スクリーンショット 2013-08-04 23.40.32

ちょうどGyaoで無料配信なんてことをやってます。しかしこの絵は何なのだろうか?

ボトムズと言えば、丁度大学に入った頃始まったアニメなので良く覚えているわけです。当時関東地方では金曜の17:55という半端な時間から始まる番組でした。いつの頃からか、そういう半端な時間に視聴率が取れることに気がついた民放各局が毎時58分とか訳の分からん時間から番組を始めるようになったのですが、その走りは当時局名を変更したばかりのテレビ東京だったような気がします。

当時のサンライズと言えば、ボトムズと同時期にやっていたのがダンバイン〜エルガイムなのですが、こんな重たい話を子供向けに流していたわけで、リアルタイムで見ていた小学生は展開について行けていたのか、今更ながら疑問に思ったりしているわけです。

ちなみに裏番組はピュア島〜クリィミーマミ、木曜の同時間帯はミンキーモモという、何だかなぁという珠玉のラインナップを誇っていた時代だった気がします。マクロス〜オーガスなども日曜の14:00という訳の分からん時間帯にやってた頃ですな。

そうこうしている内にファミコンが発売されてテレビアニメを見る層が縮小してしまい、アニメ黄金期がいつの間にか終わってしまったのですが、それから20年近く経ってからまたよくわからない形で復活してきては現在に至ると、仲々よくわからない時代を変遷している気がする今日このごろです。

静岡県

所用のためちょっと静岡県に行っていたのだが、何気に手持ちのスマートフォンISW13HTで気象状況を確認した所、実に妙なことになっていたわけです。2013-08-04 16.36.37

この時期の日本は大体どこに行っても割と暑いはずで、この時間なら富士山頂でさえもうちょっと気温は高いように思うのですが、どうもこの静岡県は南半球のどこかにでもあるようです。

ちなみに同時刻の横浜の様子。2013-08-04 16.36.46

こちらは極めて普通ですね。